2010年07月23日

そもそも「むくみ」って何でしょう?

ご訪問ありがとうございます。

人気ブログランキングへ←ランキングの応援おねがいします。


今日は「むくみ」についてお話します。


血液は、心臓→動脈→毛細血管→静脈→心臓
というような経路をたどって体の中を循環しています。


動脈はきれいな血液で、
全身にきれいな空気や栄養分を届けます。


一方、静脈は汚れた血液で、
体内の老廃物などを回収します。


そして、血液の他にも老廃物を回収するものがあります。


それが、リンパ管です。


静脈だけでは回収しきれなかった老廃物は、
リンパ管に回収され、
やがて静脈に合流します。


また、血液は心臓ポンプの勢いで体内を循環しますが、
リンパ液はポンプがありませんので、
リンパ管の収縮に頼るしかありません。


そうすると、体内の老廃物や余分な水分が
どんどん溜まっていってしまうのです。


これを「むくみ」といいます。


むくみの原因として考えられることの一つに、
バランスの偏った食事、特に塩分の取り過ぎなどがあげられます。


人間の体は、塩分が0.9%に保たれていますが、
塩分を多く摂り過ぎると、
多くの水分を取り込んで薄めようとします。


そのために、喉が渇いて
多くの水を飲みたくなってしまうのです。


しかも、肝臓や腎臓の働きが劣っていると、
水分や塩分が尿となって排出されずに
いつまでも止まることになってしまいます。


そこで、
カリウムを豊富に含むキュウリやリンゴなどを摂ると、
余分な塩分を取り除いてくれるのです。


他にも、不規則な生活でむくみが起こる場合があります。


例えば、1日中立ち仕事をしていたり、
長時間同じ姿勢を続けたりしていると、
足がむくんできます。


これには、地球の重力が
老廃物や余分な水分を下半身へと集めるからです。


しかも、心臓から低い所へは
あっという間に血液が行き渡りますが、
低いところから老廃物と共に再び心臓に戻ってくるには、
下半身の筋肉の収縮やリンパ管などに頼るしかないのです。


朝、起きた時に顔がむくんでいるのは、
寝ていると余分な水分が全身に行き渡るからです。


写真素材 PIXTA


超時間立ちっぱなしでいると、
筋肉にしなやかさがなくなり、やがて硬直してしまいます。


その結果、下半身が冷えて血行が鈍くなり、
余分な水分が溜まっていくのです。


特に、ふくらはぎは「第二の心臓」といわれていますから、
下半身をたまに動かして、血行を良くしてあげましょう。


特に女性の場合は、
男性に比べて筋力が発達していないことや、
皮膚も柔らかいために、
水分を押し戻すポンプの力が弱くなっています。


男性よりも女性にむくみが多いのは
おそらくそのためでしょう。


人気ブログランキングへ←応援ポチッお忘れなく

曽我部啓太写真素材 PIXTA


----------------------------------------------------------


365日間完全無料で
管理栄養士が考えた美味しいダイエットレシピを
メルマガでお贈りいたします。


yaseresipi.gif


毎日365日間あなたのメールボックスに届けられます。

ダイエットレシピから健康や痩せる事に役立つすばら
しい情報を手に入れることが出来ます。


完全無料ですので、是非この機会にお申し込みください。
お申し込みはこちらから
↓↓↓
痩せレシピ365


posted by シャント at 12:24| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。