2010年09月17日

知ってるとちょっと嬉しい豆知識 8 大根のはなし

ご訪問ありがとうございます。

まずはポチッと応援おねがいします人気ブログランキングへ


知ってるとちょっと嬉しい豆知識の 8回目は大根の話です。


今では年中売られている「大根」ですが、
秋から冬にかけて、美味しい「旬」を迎えます。


「大根」には、ビタミンCと消化酵素のアミラーゼが多く含まれ、
消化を促進してくれますが、どちらも熱に弱いため、
「おろし」など生で食べるのが一番効果的といわれています。


特に、今が旬の「サンマ」。
熱々の「焼きサンマ」には「おろし」が欠かせませんよね!


ところが、この「おろし」の辛みが苦手という方も多いはず。


その正体は「イソチオシアネート」という成分で、
葉に近い太い部分と、端の細い部分では、
含まれる量が10倍近くも違うんですよ。


そして大根自体にも、「辛み」の違いがあるんです。


それは、表面の「毛穴(根の穴)」
曲がって並んでいるものほど、辛い大根が多いとか。


苦手な人は、毛穴がまっすぐ並んでいる大根を選んで、
葉に近い部分を使うと、
辛みの少ない「おろし」が味わえますよ!


ランキングの応援おねがいします人気ブログランキングへ



posted by シャント at 17:38| Comment(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。