2010年09月20日

「秋ナスは嫁に食わすな」の本当の意味は?

ご訪問ありがとうございます。

まずはポチッと応援おねがいします人気ブログランキングへ


ナスを使ったことわざに「秋ナスは嫁に食わすな」があります。


おいしい秋のナスを「嫁に食わせるな」とは
嫁をいびる姑の意地悪なことば!…と思いがちです。


あるいは、それぐらい秋のナスはウマいんだ!
…と言っているような気もしますが
実はべつの解釈もあります。


前回も紹介しましたが、ナスには体を冷やす効果があります。


気温が下がって涼しくなってきた秋に
お嫁さんが体を悪くしないように…そんな気遣いのことばである
という心温まる説も。


またナスには種子が少ないことから、
子どもに恵まれなくなることを案じたという説。


いずれにしても、お嫁さんに限らず、妊婦さんや冷え性の方は
食べすぎると体を冷やしてしまうので、
おいしくてもほどほどにしておきましょう!  


ナスは焼いても、揚げても、炒めても、蒸しても、煮てもよく
和洋、中華を問わず活躍する万能野菜。


決まった料理ばかりでなく、おいしい季節には、ぜひさまざまな
メニューに挑戦してみてください。


カロリーが低いので、体調に合わせて調理法を変えてもいいですね。


メタボが気になるお父さんには、油を使わず、焼いたり蒸したりすれば
ヘルシーでダイエットにピッタリ。


反対に、スタミナをつけたいときは、油で炒めるナス味噌や麻婆ナス、
揚げナスで夏バテを吹き飛ばしましょう!


ナスは油と相性がよく、煮ものでも、さっと炒めてから使うと
色が鮮やかになり美しく仕上がります。


ですがいっぽうで、スポンジのように油を吸うので、
カロリーは高くなります。


もっともカンタンな調理法は塩もみ。


2、3mm の厚さにスライスして、塩をふって軽くもみ、
しばらくおいてから水けをしぼるだけ。


みょうがやねぎなど、薬味とあわせても爽やか。味はしょうゆなどで加減を。


またぬか漬けにすれば、ナスのカリウムやビタミンB1がぐんと増えます。


朝のおみそ汁にいれれば、季節感を味わいながら
夏の疲れをとることができそうですね。


ランキングの応援おねがいします人気ブログランキングへ


posted by シャント at 17:16| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。