2010年09月21日

キャベツの驚くべき薬効と秘密の美容効果

ご訪問ありがとうございます

まずはポチッと応援おねがいします人気ブログランキングへ


さて今回は、
あなたのお宅の冷蔵庫の中にいつもある、
身近な野菜であるキャベツについてのお話です。


キャベツはあまりにも身近すぎて、
実はものすごいパワーがある!なんてこと、
意外と知らない人が多いかもしれませんね。


キャベツは、古代ギリシャや古代ローマの時代から
薬効高い野菜として知られていて、
数千年も食べ続けられています。


なんと、ヨーロッパでは「貧乏人の医者」
という別名がついているくらいすごい野菜なんです!
びっくりですね。


それともうひとつ、
女性にとってうれしい秘密の美容効果も期待できるのです。
これについては後でお話しますね。


さて、キャベツは淡色野菜の中では
ビタミンやミネラルの量はトップクラスと言われています。


主なものを挙げると、
ビタミンA(免疫力強化)、ビタミンB群(疲労回復)、
ビタミンC(抗癌作用)、
ビタミンK・ビタミンU(胃・十二指腸潰瘍の改善)、
塩素・イオウ(去痰、胃腸を強力に洗浄し、丈夫にする作用)、
カルシウム、ナトリウム、鉄、ヨードなどです。


ざっと、これだけでも凄いですよね!


ところで、
胃腸薬の「キャベジン」をご存じですか?


「キャベジン」とは薬の商品名になっていますが、
実はビタミンUの別名で、
キャベツの絞り汁の中から発見されたことから
「キャベジン」という名がついたそうです。


正式名称は「メチルメチオニンスルホニウム」というものです。
朝から舌を噛みそうな名称ですね。
みんなで発音してみましょう!
「めちるめちおにんするほにうむ」


今度、飲み会の席でみんなに教えてあげてください。
きっと、あなた自身が発音できなくて、
コウベを垂れて帰宅する羽目になります!


もともとヨーロッパでは、
胃潰瘍の民間療法としてキャベツの絞り汁を飲む
といった方法があったそうです。


1948年に、米国スタンフォード大学のチェイニー教授が
難治性の胃潰瘍患者にこの療法を試したところ、
全員が治癒したということで発見されたビタミンだそうです。


このビタミンUは、細胞分裂を促進し、
胃や十二指腸潰瘍で傷ついた粘膜を再生する力があります。


また、タンパク質の生成を活発にする働き、
壊れた組織を治す働き、肝機能強化の働きもあります。


但しビタミンUは、熱に弱いのが難点。
できるだけキャベツは生で食た方が良さそうですね!


さて、先ほどちょっとだけ話しましたが、
女性にとって大変うれしい秘密の美容効果について
お話しましょうね。


あなたは、キャベツでバストが大きくなったという話を
聞いたことはないでしょうか。


芸能人の平山あやさんが
「キャベツを毎日1個食べてたらバストが5cmアップしたんです」
としゃべったことで一時話題になりました。


そうは言っても、
「ホントかな〜?これって単なる偶然じゃないの・・・?」
と思っていた方、ちょっと聞いてくださいね。


キャベツには「ボロン」というミネラルが含まれているのですが、
この「ボロン」、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を活性化して
乳腺の細胞を増やしてくれる働きがあるんです!


エストロゲンが活発に働くことによって、バストが大きくなったり、
女性らしいメリハリのあるボディになったり、
の効果が期待できるんですよ。


また、ボロンは人間の骨を作るために必要とされる
ミネラルでもあるので、骨粗しょう症予防にも良いんですね。


「妊娠中は胸があんなに張っていたのに、
授乳が終わったら垂れてしまっただけじゃなく、
妊娠前よりも小さくなったみたい・・。」
という産後のバストの悩みにも有効です。


キャベツには食物繊維も含まれていますから、
お肌や便秘にもいいですので、
ほんとキャベツって女性のための美容食ですね。


但し、ビタミンUと同様にボロンは熱に弱いので、
やっぱり生がおすすめです。


とは言っても、平山さんのように
キャベツ1個を生で毎日というのはかなりきついですよね。


本気でバストケアのためにキャベツを食べようという方は、
生だけで1個は大変かと思いますので、
ボロンのサプリなどをうまく併用して摂っていきましょう。


ちょっとした裏技として、キャベツをジューサーで絞り、
ジュースにして飲むと言う方法がありますが、
ただ、キャベツだけをジュースにして一度に大量に飲むと、
強すぎて頭痛や胃の不快感などなんらかの
副作用が出ることもあるようです。


必ずりんごやにんじんなどと混ぜて作って、
量は体の反応を見ながら小分けにして飲んで下さいね。


尚、キャベツの多食は体を冷やしますので、
冷え性の人や寒い季節は注意しましょう。


最後に、いいキャベツの選び方についお話ししますね。


まずは外の葉が濃い緑色でつやがあるものを選んでください。


次に、芯の切り口を見てみます。
黒っぽくなっているものは収穫してから時間がたっています。
なるべく変色していない白いものがいいですね。


また、キャベツは大きいほど味がいいものが多いですので、
大きくて身のしまったものを選びましょう。


新鮮でおいしいキャベツを毎日食べて病気知らず!
女性の方は美しいメリハリボディになりましょうね。


ランキングの応援おねがいします人気ブログランキングへ


posted by シャント at 16:25| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。