2010年09月26日

イスと机の微妙な関係・・・!?

ご訪問ありがとうございます

まずはポチッと応援おねがいします人気ブログランキングへ


長時間座りっぱなしで仕事をするサラリーマンの人達にとって、
実は大事なことなのに意外と見落とされがちなのが、椅子と机
の関係です。


例えば、背が高い人と低い人で同じような椅子に座って同じよう
な机に向かって仕事をするのはかなりの無理があることくらいは、
誰にでもわかると思います。


自分の体に合わない椅子に座ればすぐに疲れてしまうだけでなく、
やがては肩こりや腰痛などの体の不調の原因にもなってきます。


これらの体の疲労や不調を最低限に防ぐには、せめて椅子の高さ
などを正しく調節して、なるべく体に負担をかけないようにする
必要があります。


そこで、一般的ではあるのですが、次のいくつかの目安を覚えて
おくといいでしょう。


まず、椅子の座面の高さは、身長の約1/4くらいであること。


それに対する机の高さは、身長の約2/5くらいであることが
適当といわれます。


例えば身長160センチの人の椅子の高さは地面からおよそ40
センチの座面の高さの椅子と、高さが64センチくらいの机がよ
いということです。


職場の椅子を自分だけ取り替えるのは現実的には無理な話しです
が、最低限この二点を考慮に入れて、椅子と机を調節するように
しましょう。


そうすれば、腰痛などの体の不調を少しでも防ぐことができるるとおもいます。


ランキングの応援おねがいします人気ブログランキングへ

posted by シャント at 21:10| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。