2010年07月16日

DNAは、母から子供へと伝わるものです

ご訪問ありがとうございます。


人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします


「母国」とか「母なる大地」とか・・・

なぜ、お父さんは登場しないんだろう?

と疑問に感じた事はありませんか?


実は、
人の体には約60兆個もの細胞があると言われていますが、
その一つ一つにDNAがあります。


DNAの太さは、
髪の毛の太さの4万分の1という、
気が遠くなるくらいの細さです。


でも、このDNAを見ると、
これまで自分のご先祖様が
どのようなルーツを辿って日本に来たのか?
ということを知ることができるようです。


実は、世界中の人は色々な人種に分かれていますが、
遥か7万年くらい前までは、
全員がアフリカ人だった!ともいわれています。


日本人のDNAは、95%の人が、
A、B4、B5、C、D4、D5、F、G、M7a、M7b、
M7c、M8a、M10、M9a、M9b、Z
という16種類のうちのどれかに該当すると言われています。


この、A,B,Cなどのアルファベットが同じタイプの人は、
遠い昔は、近い親戚もしくは近くに住んでいた、
ということがわかるといいます。


それが、南アジアだったり、北アジアだったり、
全世界に散らばったり、同じところに止まったり・・・・
タイプによって様々だといいます。


また、アルファベットが同じタイプの人は、
99.9%DNAが同じで、
残りの0.1%で体質や体型の違いを作っているといいます。


全くの赤の他人でも、
同じアルファベットの人は世界中にたくさんいます。


また、アルファベットが違うタイプでも、
気が遠くなるくらいの昔を辿ると、
どこかで繋がっているといいますので、
まさに人類はみな兄弟!なのですね。


写真素材 PIXTA


そして、このDNAは、
母から子供へと伝わるものなので、
自分の母から祖母、祖母から曾祖母、・・・・へと
何百代、何千代・・・とルーツを辿っていくことで、
興味深いことがわかるようです。


「母国」「母なる大地」などと言われる所以が
そこにあるのかもしれませんね。


誰もがどこかでつながっている!と思えば、
人との付き合いが苦手な人でも、
少しだけでも気持ちが楽になりませんか?


ランキングに参加しています
応援クリックをお願いします
↓↓
人気ブログランキングへ


Ryo.WATANABE写真素材 PIXTA
posted by シャント at 08:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

危険!塩分摂り過ぎ、もう一度見直してみましょう

あなたは塩分を摂りすぎていませんか?


塩分を摂り過ぎると、
体が塩分濃度を下げようと多くの水分を欲しますし、
血液量も増加して血圧を上昇させます。



血圧が上昇すると、
心臓に負担がかかって心臓の壁が厚くなり(心肥大)、
筋肉が疲弊して心不全を起こすリスクが高まります。


また、血管壁にも負担がかかり、
少しでも血管内壁に傷がつくと、
そこが腫れ上がって動脈硬化を起こすリスクも高まります。


高血圧というのは、本当に怖いですね。
(※高血圧とは、上が140以上、下が90以上。)


ところが、ここからが重要!なのです。


健康な人の場合、
夜寝る時の血圧は日中よりも低くなります。


しかし、血圧が日中に正常値でも、
夜に上昇する人がいるのです。


これこそが、
日本高血圧学会が最も注目しているかくれ高血圧、
「夜間高血圧」という病になります。


主な原因は、
やはり塩分の摂りすぎ、
カロリーオーバーの食事
などです。


健康診断で血圧が正常値でも、
決して油断はしないでくださいね。


朝、起床してから30分以内に
血圧を測定してみるとわかるようです。


寝ている間に血圧が高いと、
心臓や血管には常に負担がかかりっぱなしで、
脳梗塞を発症するリスクが約4倍になるといいます。


では、どうすれば良いのか?ということですね。


理想は、塩分を控えることなのですが、
塩分を排出しにくい体質もあると思いますので、
「脱塩」という方法が有効です。


塩分を効率よく排出するためには、
カリウム(ほうれん草など)、カルシウム(牛乳など)、
マグネシウム(アーモンドなど)、食物繊維(ゴボウなど)を
摂ると良いようです。


また、カリウムについては、
血液の濾過装置となる腎臓に作用するので、
腎機能が低下している人は摂りすぎには要注意!です。


他にも、生活習慣の乱れも要因になるといいますから、
毎日少しだけでも意識してみると良いでしょう。


高血圧と診断されている方はもちろん、
普段血圧が正常値の方でも、
起床時にぜひ測定してみてください。


病気は見えないところから体を蝕んでいきますので、
毎日ちょっとの努力で、
病気に負けない体をつくりましょうね!


posted by シャント at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

「ありがとう」には強力な威力があります

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします


たまに居酒屋に行くと、両手を合わせて「いただきます。」と、
言ってから、食す人を見かけます。


そんな人は、なんだかイキイキしています。


「太るから食べません。」
↑↑↑↑↑

こんなナンセンスな考え方してませんか?


「太るから食べない」と、いうことは
「食べたら太る」と、いうことです。


この、無意識に思っていることが、
「太る原因」の要素の1つといえます。


人が生きていくうえで、口から摂取した物は、
さまざまに形を変え、カラダの細胞一つ一つに送られます。


生きていく為には、食べるコトが大切なコトです。


それを、おろそかにするということは、
生きていくコトをおろそかにするといっても
過言ではないかも知れません・・・。


食べる前に、「食べたら太るなぁ。。」
と、思いながら食べた物は、最終的に、
太る素粒子になって、細胞へ取り込まれます。


「いただきます!ありがとう!」と、言い、思って食べると、
それは、活力の素粒子と形を変えて、細胞へ取り込まれます。

イキイキしてる人は、全てにおいて、ありがとうという気持ち
を忘れていません。


あれを食べたら太る。とか、
これを食べたら痩せる。とか・・・・

それは、食べ物を軽視している発想なのかも知れませんね。。


食べ物に感謝して、「ありがとう」と思って食べれば、
食べ過ぎることはなくなるはずです。


カラダが、自然に必要摂取カロリーを教えてくれます☆


カラダが必要とする栄養素は、
カラダが自然に、食べたいと思う物で、選んでくれます☆


食べたいという欲望を抑えられないのは
「ストレス」があるから。


「ストレス」を抑えるのが『ありがとう!』なんですね☆


このブログのランキングを見る



posted by シャント at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。